【WordPressプラグイン】Google XML Sitemapsの使い方と設定方法

 

Google XML Sitemapsは、GoogleおよびBingの検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成できるプラグインです。

検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成して、検索エンジンに対してXMLサイトマップを通知することができるんですね。そうすることで、検索エンジンに対してWebサイト(ブログ)の更新情報をスムーズに伝えることができるようになります。

ちなみに、このプラグインはGoogleおよびBingの検索エンジンに対してXMLサイトマップを生成して通知する機能のみです。送信結果や詳細レポートを見たい場合は、Googleサーチコンソールに登録して紐付けする必要があります。

では早速、設定方法を解説していきます。

 

Google XML Sitemapsをインストールしよう

 

「プラグイン」→「新規追加」Google XML Sitemapsを検索します。

 

 

プラグインの設定方法

 

「設定」→「XML-Sitemap」をクリックします。この時点ではまだサイトマップは生成されていません。

 

 

XMLサイトマップの設定

 

XMLサイトマップの設定は、必要に応じて設定を調整して下さい。初期設定のままでも特に問題はありません。

変更が完了したら、「設定を更新」してみましょう。

 

 

検索エンジンに対しての通知が完了すると、下記のように完了メッセージが表示されます。その後、検索エンジンのクローラー(自動巡回ロボット)がXMLサイトマップの情報を取得しにきます。

 

Google XML Sitemapsの設定方法は以上となります。

 

ブログで稼ぐために必要なプラグインを厳選しました!

 

 

ブログで稼ぐために必要なWordPressプラグイン12選!

2020年11月14日

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。